折込広告

折込部数表・料金表

  折込部数表・料金表  

佐賀県内新聞別折込部数表エクセルデータ

  •  オリコミ部数を変えることで、シミュレートすることができます。

    ※佐賀県外の折込部数表・料金につきましては、別途お問い合わせください。

    県内折込料金表

    1枚あたりの料金表【平成27年2月1日折込分より】

    規格及びサイズ 佐賀新聞 佐賀新聞以外
    B4
    (新聞半頁以下のもの)以下
    3.564円(税込)※1 3.564円(税込)※2
    B3
    (新聞1頁以下を2ツ折にしたもの)
    4.86円(税込)※1 4.644円(税込)※2
    縦折長方形
    (2ツ折横長)
    5.616円(税込)※1 6.048円(税込)※2
    B2
    (新聞2頁以下を4ツ折にしたもの)
    7.776円(税込)※1 8.208円(税込)※2
    B全・A全
    (新聞4頁以下を8ツ折にしたもの)
    14.58円(税込)※1 15.552円(税込)※2
    厚紙・ハガキ
    (各紙質110Kg以上)
    増額1.08円(税込)
    ハガキ添付(別にハガキ等糊付したもの)
    ※紙質110kg未満
    増額3.564円(税込) 増額3.456円(税込)
    変形
    (特殊サイズ及び取り扱いが困難なものを除く)
    別料金

    証紙付選挙運動用チラシ

    【佐賀新聞】
    各サイズ料金の1.5倍
    例:A4  3.564円(税込)×1.5=5.346円(税込)
    【佐賀新聞以外】
    各サイズ料金の1.08円増(税込)
    ※朝日・毎日・読売・西日本・日経新聞

    ※1 管理料(佐賀新聞) 販売店1店に付216円(税込)別途必要
    ※2 管理料(佐賀新聞以外) 枚数1枚に付0.108円(税込)含む

  •  上記料金表は消費税率8%現在です。


    • 新聞販売店の区域と行政区域は必ずしも一致しているとは限りませんので予めご了承願います。
    • 新聞折込広告基準などにより内容によっては折込をお断りする場合もありますので予めご了承願います。
    • 新聞制作の遅れや災害事故等の場合はやむを得ず指定日の翌日になることがあることを予めご了承願います。
    • 折込搬入締切時間後の折込日の変更・中止は一切できませんので予めご了承願います。
    • 一販売店ごとの全読者配布にご協力をお願い致します。
    • 合売店につきましては、新聞を指定されてもご希望通り折込出来かねる場合もございますので予めご了承願います。
    • 折込料金には、損害賠償は含まれておりません。手配につきましては細心の注意を払っておりますが、万が一にも事故、間違い等が発生した場合は、関係した折込枚数の折込料金で請求金額より辞退させていただくことをご了承お願い致します。

    新聞折込広告取扱い基準

    日本新聞協会に加盟する新聞社とその販売店は折込広告の社会的影響を考慮して「折込広告基準」を設けています。それに基づき当社は下記のような折込広告は取り扱わないことにしていますのでご注意ください。

    1. 責任の所在、目的、内容があいまいなもの。
    2. 虚偽誇大な表現、または投機、射幸心を著しくあおり、読者に期待、誤認および不利益をあたえるおそれがあるもの。
    3. 関連法規に違反、または違反のおそれがあるもの。
      イ)名誉毀損、プライバシーの侵害、信用毀損、業務妨害となるおそれがある表現。
      ロ)氏名、写真、談話、および商標、著作物などを無断で使用したもの。
      ハ)新聞業における公正競争規約にふれる内容を刷り込んだもの。
      ニ)不動産、金融関係、求人、医療、医薬品、健康食品、エステティックの広告は関連法規を適用する。
    4. 紛争中、あるいは係争中のもの。
    5. 社会秩序を乱すようなもの。
      イ)非科学的、または迷信に類するもので、読者を迷わせたり不安を与えるおそれがあるもの。
      ロ)反社会的、非道徳的なもの。
      ハ)表現が露骨、または扇情的で悪印象や不快感を与えるおそれがあるもの。
    6. 政治問題について、極端な主義、主張を述べたもの。他を誹謗中傷した内容のもの。
    7. 選挙の事前運動とみなされるもの。(選挙公示後、告示後の法定ビラや選管の許可を得た政党の機関紙等の印刷物は除く。ただし、他党を誹謗中傷したものについては取り扱いをお断りします。)
    8. 新聞名が入ったものや、新聞紙面と類似し新聞と混同されるおそれがあるもの。
    9. 新聞社の社会的評価を低下させると思われるもの。あるいは、新聞記事を訂正、または否定するもの。
    10. 予め審査されていない広告主を集めた連合形式のもの。
    11. その他、妥当でないと判断されたもの(発行本社との協議の上、判断する場合もある。)

    大規模災害発生時における新聞折込広告の取り扱いについて

    大規模な災害(大地震、津波、洪水、豪雪、大火災、大規模停電、火山噴火、原子力発電所の事故、新型感染症の大流行、他国からの攻撃など)により、折込会社や新聞販売店に甚大な被害が及んだ場合は、ご要望にお応えできない場合もあります。
    この様に事前の予測と回避が不可能な事態が発生し、折込会社と新聞販売店の努力にも関わらず指定日に新聞折込ができなかった場合、折込会社と新聞販売店は一切の責任を負いかねます。予めご容赦いただきますようお願い申し上げます。

    PAGE TOP