採用情報

営業部 西部支社  

高岸  佑一

2006年入社     出身校:桜美林大学

折込課ではどんな業務をしていますか?

 県内外のお客様に、当社の強みであるエリアマーケティングを活用して効果的な折込配布方法の提案を行っています。県内外各新聞の折込手続きを代行しながら、ちらし広告の検品や仕分け、配送作業などをトータルに請け負います。佐賀新聞の折込ちらしは全て当社に集められますが、そのモニタリングも大切な仕事のひとつです。

印象に残ったことはありますか?

 一番印象に残っている仕事は、入社して最初に契約を決めた求人広告です。不慣れなセールストークでしたが、帰社後先方より広告依頼の連絡が入ったときは本当に嬉しかったのを覚えています。広告営業の楽しさのひとつは企業のトップや管理職の方と打ち合わせをする機会に恵まれることです。広告宣伝はその企業の方針を表すため、上位者の方との打ち合わせが必然的に多くなります。

これからの目標について

 これからは折込ちらしの特長に、他媒体を組み合わせた総合的な提案を続けていきたいと考えています。お客様にとってのワンストップサービスセンターになることが私の目標です。

入社希望の方に向けて一言

 折込ちらしだけでなく、自分で考え、想いをカタチにできる会社です!

営業部 広告課  

江越  春奈

2016年入社     出身校:佐賀女子短期大学

広告課ではどんな業務をしていますか?

広告課では、あらゆる業種のクライアントに広告や企画の提案を行っています。新聞広告はじめとした紙媒体、テレビ・ラジオなどの電波媒体、その他チラシやパンフレットの提案制作に加え、イベントの企画運営もしています。クライアントの魅力を伝えることや商品の販促をお手伝いをすることが私の仕事です。

印象に残ったことはありますか?

企画の提案にアポなしでお伺いしたにも関わらず、快くお話を聞いていただき、初めて広告の依頼を受けたときは今までにない達成感を感じました。大変な時もありますが、営業先の方から「頑張ってね!」と声を掛けていただくととても励みになります。

佐賀新聞サービスはどんな会社ですか?

上司や先輩方がとてもフレンドリーで明るい会社です。また、グループ企業や取引企業とのつながりが多く人脈が広がる会社だと思います。

オフの過ごし方は?

ショッピングに行ったり、学生時代の友人と食事をしたりしています。しっかりと休日がとれるので、リフレッシュできるのが嬉しいです。

営業部 企画制作課  

木原  智志

2010年入社     出身校:九州大学

企画制作課ではどんな業務をしていますか?

 企画制作課の業務は、紙面広告から、Webデザイン、TVCM、ラジオCMの企画、制作、ディレクションに加え、新規企画の立ち上げ、それに伴う調査等と多岐に及びます。その中でも私は新規企画の立ち上げや調査、イベント関連業務をメインに取り組んでいます。

印象に残ったことはありますか?

 これまでに新規のサービスを付加した新聞広告企画の運用面を担当したのですが、運用ルールの確立や申込対応手順の策定、実際の運用などを担当営業と相談しながら、また媒体社と調整しながら進めていきました。これまでになかった形を作り上げていくのは大変ではありますが、楽しい業務です。また、そのサービスをご利用いただいた方から御礼の手紙をいただき、やってよかったなと感じました。

これからの目標について

 個人として、会社として業務の実績の幅を広げていくためにも、様々なものを見聞きし、実践していきたいと思います。

入社希望の方に向けて一言

 これまでになかったものを一緒に作っていきましょう。

PAGE TOP